催しものご案内

センター主催/共催の講演会など

横浜市実施の講演会・交流会

 横浜市健康福祉局ホームページをご覧ください(こちら)。

 

・通年 旭区 神経難病患者交流会 (あした会)
情報交換、講師を招いてのリハビリや学習会を行っています。
初めて参加される方は事前に要連絡
あした会チラシ.pdf
PDFファイル 806.5 KB
・通年 旭区 膠原病患者交流会 (みずきの会)
情報交換、講師を招いての学習会を行っています。
初めて参加される方は事前に要連絡
みずきの会チラシ.pdf
PDFファイル 828.4 KB

神奈川県域保健所実施の講演会

その他患者会など主催

・5/20(日)ファブリー病 東京シンポジウム 2018
基調講演「ファブリー病:10年の酵素治療の成果」
     慈恵会医科大学 名誉教授  衛藤義勝先生
ファブリー病 シンポジウム.pdf
PDFファイル 616.4 KB
・5/26(土)パーキンソン病友の会 神奈川県支部  食事困難な方への地域での取り組み「嚥下フレンチ」について
パーキンソン病友の会   「嚥下フレンチ」.pdf
PDFファイル 565.0 KB
・6/24(日) 専門医 との懇親会
講師:千葉こども病院 代謝科 村山 圭先生
ミトコンドリア 6月24日.jpg
JPEGファイル 1.1 MB
軽度のパーキンソン病の方のための 運動継続プログラム in  武蔵小杉
理学療法士が制作した運動継続プログラムを実施しています。
PD CAFE武蔵小杉開催.pdf
PDFファイル 9.5 MB
軽度のパーキンソン病の方のための 運動継続プログラム in 横浜
PD CAFE横浜.pdf
PDFファイル 8.0 MB

その他 支援者・関係者向け

BMI最前線と看護ケア
ALS患者が「閉じ込め状態」になったばあい、脳活動から患者の意思を読み取る方法が考えられます。BMI(ブレイン・マシン・インターフェイス)と呼ばれる技術です。
学会員出ない方もご参加いただけます。
日本難病看護学会企画セミナー.pdf
PDFファイル 987.7 KB

新着情報

2017年4月から運営委託が

独立行政法人国立病院機構

箱根病院に変わりました。 

 

 http://hakonehosp.com/

 

 

 

お問い合わせ

かながわ難病相談・

支援センター

〒221-0835

横浜市神奈川区鶴屋町

2-24-2

かながわ県民センター14F

TEL:045-321-2711(直通)

ファックス:045-321-2651

横浜駅西口、きた西口徒歩5分